シミを取るには何科に行けばよいのか

肌のシミ取りは何科を受診すればよい?

シミにストレスは大敵です

市販薬よりも処方してもらう方が良い

薬は自己判断よりも医師に処方してもらう方が安心です。
たくさん種類のある中から、自分の症状や体質に合うものを探すのは大変です。

また、医師に処方してもらうメリットとしては、必要に応じて市販薬よりも濃度の高い薬が手に入るので、シミに対して、より効果的なケアが出来る事になります。

市販薬は決まりで濃度が抑えられているので、同じ成分の薬で効果があまり感じられなかったとしても、医師からの処方薬では効果が得られることもあります。

保険が適応されれば市販薬よりも安価で手に入りますね。

外用薬は即効性は期待できない部分がありますが、シミ対策の場合はピンポイントで範囲も狭い塗布になるので、それほど副作用も気にならないかと思います。

外用薬の注意点

皮膚科で処方されたシミを薄くするのが目的の外用薬は、高価は高いのですが薬の成分上、酸化や劣化が早いそうなので取扱いに注意が必要です。

副作用と言うよりも、取扱いや、使用方法の間違えの方が肌に負担をかけたり、トラブルの原因になる薬になるので注意しましょう。

シミを薄くしたいのに、間違えた薬の使い方でシミが出来てしまっては意味がありません。
医師の処方とアドバイスを聞いて薬は使用したほうが安心です。
何かトラブルが起きたら対応もしてもらえるはずです。

皮膚科も色々得意分野がありますが、美容に強い皮膚科を探して受診するのが総合的に考えてベストかと思います。
別の皮膚トラブルで受診して、シミについて相談したり、美容が得意そうか調べてみるのも良いかもしれません。


この記事をシェアする